2019年節分祭

東京都府中市の大國魂神社へ行って参りました。

大國魂神社はゴールデンウィーク中のくらやみ祭りという大きい太鼓の出てくるお祭りの神社です。

「くらやみ祭の小川さん」という東京都府中市を舞台にした映画も製作されたそうです。ご出演の六角精児さん、佐津川 愛美俳さん、螢 雪次朗さん、斉藤 陽一郎 さん、金森 啓斗さん、清水 瑛玲菜さんや、日本相撲協会 荒磯親方(元横綱 稀勢の里寛関)も来場予定です。

「くらやみ祭の小川さん」:https:kurayamiogawa.com

冬が去り、春がくる事を「一陽来復」というそうです。

その新春を迎える神事が節分祭で節分とは現代では二月四日の立春の前の日の本日二月三日です。

節分は立春、立夏、立秋、立冬をもって四季の節目とし、一年に四回、旧暦では立春は特に一年の始まりにあたった事より、 この節目が重要視され、節分はこの時を指すようになりました。

現在は一日は朝に始まり夜に終わりますが、昔は夜が一日の始まりだったそうです。

このため節分の夜と立春の朝は同じ日だったのが、時間の観念に対する日本人の変化から、 節分は立春の前の日になりました。また、立春は新しい年の初めの新年の元旦であったのだそうです。そして節分は一年の終わり、大晦日だったのです。

春といえばお雛様ももうすぐですね。

Post navigation