都々逸入門

【都々逸とは】
江戸末期に初代の都々逸坊扇歌(1804年-1852年)によって広まったと言われる三味線と共に歌われ俗曲。
七・七・七・五の音数律に従うのが基本だが、五字冠りと呼ばれる五・七・七・七・五という形式もある。

扇歌が当時上方を中心に流行っていた「よしこの節」を元に、
「名古屋節」の合の手「どどいつどどいつ」(もしくは「どどいつどいどい」)を取入れたという説がある。

名古屋節は、名古屋の熱田で生まれた神戸節(ごうどぶし)が関東に流れたもので、
音律数も同じであることから、この神戸節を都々逸の起源・原形と考えるむきもある。
実際、名古屋市熱田区の伝馬町には「都々逸発祥の地」碑があるそうです。
(Wikipediaより参照)

  • 三千世界の/からすを殺し/主と朝寝が/してみたい
  • 岡惚れしたのは/私が先よ/手出ししたのは/主が先
  • あの人の/どこがいいかと尋ねる人に/どこが悪いと/問い返す
  • 赤い顔して/お酒を飲んで/今朝の勘定で/青くなる
  • 丸い卵も/切りよで四角/物も言いよで/角がたつ
  • 咲いた桜に/なぜ駒つなぐ/駒が勇めば/花が散る

【都々逸をつくる】
都々逸の音数律は七・七・七・五音、全体で二十六音が基本です。
都々逸坊扇歌のように即席でつくってみるのも楽しいでしょう。

都々逸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です