踊りの音楽いろいろ

三味線音楽は「歌いもの」「語りもの」の二つの流れに大きく分かれます。

更に大きく発展し、都市の芸術音楽から流行歌、
やがて地方の民謡にまで盛んに使われるようになりました。
様々な近世邦楽を支え、
それと同時に更なる改良が加えられ、
日本を代表する弦楽器となりました。

歌いものは、都市にあっては
長唄・端唄・うた沢・小唄・上方歌などの
お座敷唄(お座敷音楽)や劇場音楽があげられます。
地方にあっては民謡としてそれぞれ独自に発展しました。
そのうち、長唄は江戸時代を代表する歌いものであり、
元来は江戸歌舞伎の舞踊の伴奏として生まれた芝居唄であり、
庶民の習い事として浸透しました。
長唄は劇場を離れて声楽の1ジャンルとしての地位を確立しました。

京鹿子娘道成寺長唄の代表曲といえば『京鹿子娘道成寺』

端唄は演奏時間も短く踊りの手ほどきに用いられます。

語りもの音楽は、
拍子にとらわれない、
自由拍、自由リズム、無拍があります。
音階の音からはずれた音が用いられ、
音の高さが不確定で、テンポが複雑です。
リズムや旋律の反復が少ないなどの特徴があります。

語りもの音楽には、
琵琶系の平曲、盲僧琵琶(くずれ)、薩摩琵琶、筑前琵琶などがあります。
浄瑠璃系には古浄瑠璃、義太夫節、豊後系、その他、講式、節談説経、浪花節(浪曲)、
踊り口説、瞽女口説、能楽、早歌、幸若、祭文、説経などが含まれます。

浄瑠璃は劇中人物の台詞や仕草、演技描写なども多く含みます。
義太夫節は、
元禄文化期の近松門左衛門による戯曲の革新を背景に
さまざまな音楽要素を取り込み、
その流れから常磐津節や清元節があります。

邦楽舞踊シリーズ 義太夫 櫓のお七/禿(羽根の禿)義太夫の代表曲のひとつ人形振りが特徴的です『櫓のお七』

昭和初期に入り大和楽が従来からある三味線音楽の長所に、
西洋音楽の発声法やハーモニー和声輪唱ハミングなどの演奏法を採り入れて、
これまでの邦楽と違った新しく自由な形式をもって発展し
舞踊にも広く取り入れられるようになった。

長唄、常磐津、清元などをはじめとする他の邦楽と違い、
女性演奏家を中心に活動が行われているのも特徴です。
ビクター舞踊名曲選(27)大和楽大和楽の代表曲の一つ『あやめ』も舞踊で人気です