お師匠さんの小唄㐂裕美会へ

㐂裕美会社中合奏
㐂裕美会社中合奏

11月9日(日)
第五回春日とよ喜裕美会
10時45分開演 三越劇場

「春日野」唄・豊裕美福、豊裕美嘉、豊裕美酔、豊裕美貴、豊裕美喜、
とよ裕美鶴、とよ裕美栄、とよ裕美晴、とよ裕美葉、とよ裕美也。
糸・とよ喜裕美、とよ裕美若、とよ裕美路、豊裕美潔、豊裕美源、豊裕美佐、
とよ裕美香、とよ裕美綾、とよ裕美果、とよ裕美真芽、とよ裕美涼蓉、
とよ裕美峰、とよ裕美久13丁10枚で開幕、93番上演後合奏二番。
小唄振り「虫の音、木遣りくずし」「晴れて雲間」「三社祭」
立方・浅くさ乃り江、千乃、すず柳。「今日も又」立方・浅くさ千文。
補導は親師匠の春日とよ喜裕。
(敬称省略)
image
『小唄二題』とよばれて、小唄は短い曲なので通常二曲ずつ演奏されます。
舞台では二箇所の演奏する場所がもうけられていて、
交互に演奏します。
踊りの発表会などは、演奏時間も長く演目ごとに大道具も変わるため
一日で限られた演者さんしか出られませんが、
小唄はこうして一日にたくさんの曲が演奏されます。
楽屋へご挨拶へ伺うとたくさんの
出待ちの人や、終わったばかりでホッとしている人などとてもにぎやかです。
三越劇場のお楽しみ おやつ
合間をみて隣接している喫茶でおやつを頂きます。
演奏が終わって休憩している人や、お友達やご家族とくつろぐ出演者さんでいっぱい。
お隣の人からは『この間の踊りの会で長唄を踊られていませんでしたか?』と勘違い?のお声をかけて頂いたり、
芸の関係者もたくさんいらっしゃいました。
ロビーのお花
ロビーにはすてきなお花がたくさん。

栄芝会長さま 㐂裕美師匠 㐂裕大師匠
春日会、栄芝会長さま、㐂裕美師匠、㐂裕大師匠。

小唄尽くしの一日でした。

撒き物も三越製
撒き物も三越製